つばめ制作室

つばめ制作室では、ジクレー版画制作やグラフィック大判出力サービスなど高精細で鮮やかな発色が特徴のデジタルアートプリント制作をおこなっています。

つばめ制作室HOMEマイアカウントつばめ制作室についてお問い合わせつばめブックスカートを見る

|メンバーログイン|
ログイン
はじめてのお客様へ
新規メンバー登録はこちら

|ショッピングカート|
カートを見る

|オンラインストア|
つばめ制作室 オリジナルグッズ
つばめブックス
書籍・アートブック・DVD
ポストカード・アートグッズ

|商品検索|


|つばめ制作室について|
つばめ制作室について
ジクレー版画制作について
つばめブックスについて
サイトマップ
リンク
オンラインストアのご利用について
お支払い方法について
配送方法・送料について
つばめ制作室からのお知らせ履歴
お問い合わせ

 

つばめブックス


|つばめ制作室ブログ|
つばめ制作室の日々の気づきノート

|メールマガジン|
メルマガ登録・解除はこちら

|feed|
RSSATOM

|モバイルストア|
携帯からもアクセスできます。
いつでも、どこでも、便利にショッピング!
QRコードでアクセス ↓


特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー

 

つばめ制作室
tel+fax 0422-77-9753
e-mail info@tsubamebooks.com
TOP > つばめブックス > tsubamebooks 001/つばめブックス 佐野 陽一

tsubamebooks 001/つばめブックス 佐野 陽一


 


  

2009年10月発行/18P/A5判/じゃばら折り・ハードボックス

湖畔に立って暫くの間、水面を眺めていると揺れているのは湖面ではなく、自分の立っている岸辺の方だと思えてきたり、ふとした時、鏡に映った自分の姿かたちを、まるで見知らぬ他人のように感じたりすることがあります。そんな倒錯した感覚を憶える時、自分の拠って立つものがひどく危ういものに思えて来ます。

レンズという物質を通過させることなく、対象とフィルムを一対一の関係に置くことが出来るという考察の結果として、ピンホールカメラに考えが及びましたが、僕がピンホールに興味をもったのは、あくまでも、シンプルな構造そのものだったので、求めたのは全焦点や長時間露光といった映像的な効果ではありませんでした。むしろ、ピンホールについて広く認知されている印象から、どれだけ逃れることが出来るのかを見い出したいと思い、言葉と矛盾するような大きな穴を空ける手法を思い付いたのです。

当然、そこから出来上がるイメージもひどく曖昧なものばかりですが、僕にとっては「なぜ、細部が省略されても、光(の印象)をリアルに感じることが出来るのか?」とか、「どこまで省いたら、写真は写真でなくなるのか?/それとも、ありつづけるのか?」あるいは、「絵画との境界はあるのか/ないのか?」等々、言葉にすると極単純なことが興味の主題ですから、それらを確認するための方法としては、この単純な方法もあながち的外れではないだろうと思えるのです。

profile
佐野陽一
さの・よういち
美術家。1970年東京生まれ。1994年東京造形大学卒業。1996年同研究生修了。文化庁平成16年度新進芸術家国内研修制度国内研修員。「世界を知覚する手がかりとしての写真」をテーマにピンホールカメラの手法により作品を制作する。

 


tsubamebooks 001/つばめブックス 佐野 陽一


品 番 tb09001
販売価格 2,592円(税込)
在庫数 在庫なし。




この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける